JR西日本,七尾線に521系を導入

access_time
2019年9月10日掲載
JR西日本,七尾線に521系を導入

JR西日本は,七尾線に521系を導入すると発表した.
 今回導入されるのは,2両編成15本で,2020(令和2)年秋ごろから順次投入し,七尾線で運用している413系・415系を置き換える.
 車両デザインは,北陸本線用521系車両のデザインを継承しつつ,413系・415系の車体色となっている輪島の漆塗りを連想させる茜色をラインカラーとして採用する.

JR西日本,七尾線に521系を導入

 設備面では,最新の車両で導入している車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ほろ,戸挟み検知装置,EB-N装置(運転士異常時列車停止装置),オレンジ色調でつかみやすい形状のつり手や手スリを設置し,安全性を高める.また,多機能トイレ・車椅子スペース設置や,LED照明の車内灯,空調設備の自動温度調節なども設置する.このほか,北陸地区では初採用となる車載形IC改札機や,車内ドア上部の情報表示装置による行先案内を活用した乗降りの円滑化など,サービスの充実を図る.

JR西日本,七尾線に521系を導入

 521系に全車置換え完了後は,車載形IC改札機を使用したICOCAエリアが拡大され,七尾線津幡—和倉温泉間でICOCAの利用が可能となる(七尾—和倉温泉間の,のと鉄道の普通列車を除く).これにより石川県下全域がICOCAエリアとなる.なお,特急停車駅など利用客の多い駅には,地上形IC専用改札機を設置する予定で,地上形IC専用改札機設置駅に停車中は,車載の改札機の機能を停止し,駅の改札機にタッチするよう案内を行なう.

写真:すべてJR西日本ニュースリリースから