京都鉄道博物館でキハ40 2115「鬼太郎列車」の展示開始

京都鉄道博物館でキハ40 2115「鬼太郎列車」の展示開始

京都鉄道博物館では,2019(令和元)年9月7日(土)から,キハ40 2115「鬼太郎列車」が展示されています.
 これは,2019(令和元)年9月7日(土)から16日(月・祝)までの期間に開催されている『鳥鐵ノススメ写真展』に連動した企画として,鳥取県米子市と境港市を結ぶ境線で運用されているキハ40 2115を展示するもので,2019(令和元)年9月12日(木)まで展示される予定です.
 展示開始初日の2019(令和元)年9月7日(土)は,記念セレモニーが行なわれ,JR西日本梅小路運転区所属で,嵯峨野観光鉄道の予備機関車であるDE10 1156の推進運転による,京都鉄道博物館に隣接する留置線から,本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリアへ入線するようすが公開されました(写真).

写真:京都鉄道博物館にて 2019-9-7
投稿:橋本 淳