相鉄・JR東日本,11月30日に相鉄・JR直通線開業にともなうダイヤ改正を実施

相模鉄道12000系

写真:相模鉄道12000系  編集部撮影  厚木操車場にて  2019-4-5(取材協力:相模鉄道)

JR東日本と相模鉄道は,2019(令和元)年11月30日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回のダイヤ改正は,相鉄・JR直通線の開業にともない実施されるもので,海老名—新宿間での直通運転は各駅停車と速達タイプの列車を運転する.このうち速達タイプの列車は途中,大和・二俣川・西谷・羽沢横浜国大・武蔵小杉・西大井・大崎・恵比寿・渋谷に停車し,相鉄線内(海老名—羽沢横浜国大間)は特急として運転する.使用車両は,相鉄が12000系,JR東日本がE233系7000番台で,運転本数は終日46往復(92本).朝ピーク時間帯は毎時4本,そのほかの時間帯は毎時2本から3本が運転される.朝通勤時間帯の一部列車については,大宮方面へ直通する.おもな区間の所要時間は,二俣川—新宿間で44分,大和—渋谷間で45分・海老名—武蔵小杉間で36分となる(いずれも最速達列車).
 相鉄では,上りの平日朝ラッシュ時間帯のいずみ野線に新種別として通勤特急と通勤急行を導入し,いずみ野線から横浜方面への利便性向上を図る(通勤急行は一部海老名からも運転).また二俣川と西谷では,同一ホームで海老名発のJR線直通列車への乗換えが可能となるダイヤ設定とし,いずみ野線から都心方面への速達性・利便性向上を図る.これにより,おもな区間の所要時間は,湘南台—横浜間で28分(通勤特急利用),湘南台—渋谷間で54分(通勤特急・二俣川乗換え)・緑園都市—新宿間で57分となる(通勤急行・二俣川乗換え).
 このほか,女性専用車についても相鉄線とJR線での設定が異なることから,相鉄では12月2日(月)から現在の4号車から10号車(8両編成は8号車)に号車変更を行ない,設定時間も変更される.

  JR東日本E233系7000番台

写真:JR東日本E233系7000番台  編集部撮影  川越車両センターにて  2013-6-12(取材協力:JR東日本)

 JR東日本では,平日朝の通勤・通学時間帯(大崎7:20〜9:30着)の海老名—大崎間で,新宿方面行き列車の10号車を女性専用車に設定する.また相鉄本線と相互直通運転する列車については,弱冷房車を9号車に設定する.あわせて10月1日(火)以降,埼京・川越線の弱冷房車も4号車から9号車に順次変更する(りんかい線車両の弱冷房車も9号車に変更).なお,相鉄・JR直通線開業にともない,東海道線の朝通勤時間帯に運転している“湘南ライナー”は,8号と10号を統合し,“湘南ライナー”8号(小田原発東京行き)として運転する.
 埼京線については,早朝帯の池袋—新宿間を3往復増発し,新宿を発着する初電の時刻を繰り上げる.また,朝通勤時間帯の新宿—大崎間の列車を2往復増発し,りんかい線と直通する初電の時刻を繰り上げる.日中時間帯については,ダイヤをパターン化して運転間隔の均等化を図り,利用しやすいダイヤに変更する.また,快速列車の停車駅を見直し,武蔵浦和—大宮間は各駅停車に変更とし,武蔵浦和以北の各駅停車の運転本数を削減する.夕夜間帯については,一部の列車を増発し,ダイヤをパターン化して運転間隔の見直しを行なう.また,川越行最終列車の新宿駅発車時刻を繰り下げ,利便性の向上を図る.