鹿児島市電で「さつマグ電」の運転開始

鹿児島市電で「さつマグ電」の運転開始

鹿児島市交通局では,2019(令和元)年9月2日(月)から,9500形9506号を使用した「さつマグ電」が運転されています.
 これは,鹿児島市が2019(平成31)年3月から実施している,「みんなでまちを盛り上げ」,鹿児島市を活性化することをテーマに創設された『マグマシティ鹿児島市』プロジェクトの一環で運転されているもので,デザイン作業には,鹿児島市内の学生ら18人が参加し,3回のワークショップを開催して完成しました.
 デザインは,前面は鹿児島市のシンボルマーク「マグマシティ鹿児島市」の公式ロゴを配したシンプルなもの,側面はシティプロモーション動画のキャラクター「さつマグニョン」が桜島を登るシーンや,電車ごっこなどをして楽しそうに遊ぶ光景をデザインした面と,「さつマグ電」号の文字を主体にデザインされた面の2種類で構成され,左右それぞれ異なるデザインとなっています.
 運転初日の9月2日(月)には,11時から同市上荒田町の車両基地で出発式が行なわれ,デザインに参加した学生らの「出発進行」の掛け声で出発しました.

写真:鹿児島駅前—桜島桟橋通間にて 2019-9-2
投稿:冨吉 郷太