東急5050系11両が甲種輸送される

東急5050系11両が甲種輸送される

東急東横線用の5050系11両が総合車両製作所横浜事業所で落成し,2019(令和元)年8月27日(火)から29日(木)にかけて,逗子→八王子→長津田の経路で甲種輸送されました.逗子から八王子までは11両まとめて輸送し,八王子から長津田までの横浜線内は27日(水)に6両,29日(木)に5両として分割して輸送されました.
 今回輸送されたのは5178編成8連と,踏切事故で損傷したため修理が行なわれていたサハ5518,8両編成を10両編成とするためのデハ4611・サハ4711の2両です.
 けん引機は27日(火)の逗子→新鶴見(信)間が新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1666,新鶴見(信)→八王子間が新鶴見機関区所属のEF65 2127,横浜線内が27日・28日とも新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1662でした.

写真:片倉—八王子みなみ野間にて 2019-8-28
投稿:鎌田 彬宏