近鉄,2020年3月14日から80000系「ひのとり」の運転を開始

近鉄,2020年3月14日から80000系「ひのとり」の運転を開始

近畿日本鉄道は,新形名阪特急の名称を「ひのとり」とし,2020(令和2)年3月14日(土)から運転を開始すると発表した.

近鉄,2020年3月14日から80000系「ひのとり」の運転を開始

 車両形式は80000系で,「ひのとり」という名称は,先進的でスピード感ある車体フォルム,深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え,ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを,翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名した.また,近鉄の新たなシンボル特急として大きく飛翔していくことへの期待と,乗客に親しみを持ってもらえるように「ひのとり」をモチーフとしたロゴマークを作成した.

 運転区間は,大阪難波—近鉄名古屋間をメインに,大阪難波—近鉄奈良間の一部特急にも使用する.製造両数は,6両編成×8編成と8両編成×3編成の全11編成(計72両)を導入する.

「プレミアム車両」

 両先頭車両は,ハイデッカー構造による高いアイポイントと前面・側面の大形ガラスにより広がる眺望が楽しめる「プレミアム車両」を設定する.「プレミアム車両」は全席3列シートで,後部座席の乗客に気兼ねなくリクライニングできるようバックシェルを設置する.シートには本革を使用し,前後間隔はアーバンライナーよりも25cm拡大し,現状の鉄道車両で日本最大級となる130cmとし,横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションを設置する.天井間接照明には,フルカラーLED照明を使用し,照明の演出も行なう.

「レギュラー車両」

 中間車となる「レギュラー車両」は,明るく調和のとれたインテリアデザインとし,全席にバックシェルを設置する.座席の前後間隔は,近鉄のレギュラー車両としては最大の116cmとなる.
 サービス設備として,多目的な用途で利用できるベンチスペースやカフェスポットを設置する.また,車内情報表示,無料Wi-Fi,大形荷物置き場を設置することで,インバウンド対応を強化する.喫煙室は3号車に設定し,客室,デッキ,荷物置きスペースに防犯カメラと全客室に空気清浄機「ナノイー」を設置する.

近鉄,2020年3月14日から80000系「ひのとり」の運転を開始

 料金は,運賃・特別急行料金に加え,「プレミアム車両」用に特別車両料金を新たに設定する.大阪難波—近鉄名古屋間で「プレミアム車両」乗車の場合は,5240円(運賃2410円+特別急行料金1930円+特別車両料金900円),「レギュラー車両」乗車の場合は,4540円(運賃2410円+特別急行料金1930円+特別車両料金200円)となる.なお,小児の運賃・特別急行料金・特別車両料金は,それぞれ大人の半額(10円未満切り上げ)となる(金額は,2019(令和元)年10月1日(火)に予定されている申請運賃・料金改定分を反映).

 「ひのとり」は,2020(令和2)年3月14日(土)時点で6両編成×3編成を先行して導入し,名阪特急のうち平日12本,土休日12本の合計24本に充当する.その後,2020(令和2)年度中に全11編成を導入し,大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発ほか,停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運転するとしている.
 なお,「ひのとり」の魅力を伝えるため,大阪上本町駅・大阪阿部野橋駅などでプレミアムシートの展示を実施する.
※「ナノイー」はパナソニック株式会社の商標です.

写真はいずれも近畿日本鉄道提供