根室本線で『十勝晴号』運転

access_time
2019年8月28日掲載
根室本線で『十勝晴号』運転

JR北海道では,2019(令和元)年8月25日(日),釧路運輸車両所所属のキハ40 777を使用した団体臨時列車『十勝晴号』が,根室本線帯広—厚内間で運転されました.
 これは音更町にある私設鉄道博物館「十勝晴駅」の5周年を記念したもので,車両前後には特製のヘッドマークが取り付けられました.
 往路の厚内行きでは,帯広から厚内までの各駅と信号場に停車し,池田駅では駅弁売りのイベント,厚内駅では約1時間の停車を利用し,今回企画主催を行なった十勝晴駅運営者の穂積規さんが所有する昔懐かしいサボを持参し,乗車してきた列車側面のサボを入れ替えるなどの企画が実施されました.
 復路では,種別表示器は「急行」とし,幕別駅での停車を利用し,十勝晴駅5周年ケーキがふるまわれたほか,特製入場券の配布なども行なわれ,にぎわいをみせました.

写真:厚内—上厚内信号場(—音別)間にて 2019-8-25
投稿:風間 諒平