「別府ラクテンチ」の夜間営業にあわせて,ケーブルカーが夜間運転を実施

access_time
2019年8月14日掲載
「別府ラクテンチ」の夜間営業にあわせて,ケーブルカーが夜間運転を実施

大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」では,2019(令和元)年8月10日(土)から8月13日(火)まで夜間営業を行ない,閉園時間が18時から21時30分まで延長されました.
 これにともない,遊園地のメインゲートと遊園地内を結ぶケーブルカーの運転も,21時30分まで時間を延長して行なわれました.今年2019年から約25年ぶりに復活した夜間営業は,2019(平成31)年3月30日(土)から4月7日(日)に実施された夜桜のライトアップ営業に続いて2回目となりますが,2019(令和元)年6月に「犬のドリーム号」と「猫のメモリ号」としての運転が終了してからは,今回が初めてとなりました.
 なお,夜間営業については,当初は8月15日(木)までの予定でしたが,台風10号接近のため8月14日(水)は中止となり,翌15日(木)は臨時休園となっています.
 ちなみに,ケーブルカーの1号車と2号車について,運転台に設置されていた装飾が撤去されており,2009(平成21)年にリニューアルされる前の車体前面を見ることができるようになっています.1号車と2号車に設置された台形のヘッドマークも残っており,それぞれ(はくちょう→スター),(ぱんだ→ライト)と確認することができ,また,ヘッドマーク下に設置された「ワンダーラクテンチ」時代のロゴマークも見ることができます.

写真:雲泉寺(ラクテンチ下)にて(改札外から撮影) 2019-8-13
投稿:麻生 航太郎