信越本線 快速3374Mが増結して運転される

信越本線 快速3374Mが増結して運転される

JR東日本では,2019(令和元)年 8月2日(金)・3日(土),『2019年長岡まつり大花火大会』の輸送に対応するため,新潟—新井間を走る快速列車(3374M)が,通常の3両から6両に増結して運転されました.
 2日は,N36編成(弥彦色)・N35編成(二次新潟色)で運転されましたが,翌3日は,N33編成・N35編成(どちらも二次新潟色)で運転されました.
 先日のJR東日本新潟支社から,旧弥彦色が復刻されることが発表され,N33編成の塗装が変更されるため,二次新潟色同士で6連を組む姿は,これが最後になるかと思われます.

写真:帯織—見附間にて 2019-8-3
投稿:鷲澤 拓弥