箱根登山鉄道,モハ103を日本工業大学に譲渡へ

箱根登山鉄道,モハ103を日本工業大学に譲渡へ

箱根登山鉄道は,2019(令和元)年7月に引退したモハ1形モハ103について,日本工業大学 宮代キャンパス(埼玉県南埼玉郡宮代町)への譲渡が決定したと発表した.
 譲渡時期は2019(令和元)年8月上旬,公開時期は10月上旬を予定しており,今後は,校内に併設された工業技術博物館前に展示され,教材として活用される.
 工業技術博物館は,1987(昭和62)年に学園創立80周年記念事業のひとつとして,日本工業大学 宮代キャンパス内に開設され,一般公開もされている施設.産業の発展に貢献した工作機械など,250台以上の機械を機種別,製造年代順で展示しているほか,国鉄でも活躍した1891(明治24)年英国製の2100形蒸気機関車2109号機が動態保存されており,キャンパス内の軌道上で定期運転が実施されている.

写真:箱根登山鉄道のニュースリリースから