ソニー,「α7R IV」を9月に発売
35mmフルサイズセンサ搭載デジタルカメラ世界初の有効約6100万画素

access_time
2019年7月19日掲載
ソニー,「α7R IV」を9月に発売

ソニーは,35mmフルサイズセンサー搭載デジタルカメラとして世界初の有効約6100万画素裏面照射形CMOSイメージセンサを搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を2019(令和元)年9月6日(金)から発売します.
 新開発の有効約6100万画素CMOSイメージセンサと,最新の画像処理エンジン「BIONZ X®」(ビオンズ エックス)およびフロントエンドLSIの搭載により,高い解像力と豊かな階調性能を実現しながら,最高ISO32000(拡張102400,静止画時)までの高い感度性能を備えています.また,低感度時は約15ストップ(静止画時)の広いダイナミックレンジを実現しています.
 カメラ内部の振動が生じないサイレント撮影機能や最高5.5段ボディ内5軸手ブレ補正機能,ピントの山をつかみやすい高精細な約576万ドット「UXGA OLED Tru-Finder」など,高い解像性能を最大限に引き出す基本性能が搭載されています.
 高精細かつ忠実な質感描写を実現するピクセルシフトマルチ撮影機能は進化し,『α7R III』の4倍となる計16枚の画像の持つ約9億6320万画素分の情報から,約2億4080万画素(19008×12672)の画像を生成することが可能です.『α7R III』比約1.5倍の解像性能をもちながら,高性能AFや最高約10コマの高速連写など高いスピード性能を備え,動きのある被写体も高精度に捉えます.567点の像面位相差AFセンサを高密度に配置し,撮像エリアの約74%をカバーします.
 詳しい情報はソニーのWEBサイトをご覧ください
 オープン価格で,市場推定価格は400000円前後となっています.