大阪モノレール,南茨木駅で可動式ホーム柵の設置に着手

大阪モノレール,南茨木駅で可動式ホーム柵の設置に着手

大阪高速鉄道(大阪モノレール)では,南茨木駅で可動式ホーム柵の設置工事を開始すると発表した.工事期間は,2019(令和元)年7月17日(水)から9月28日(土)までの予定.
 大阪モノレールでは,2019(平成31)年3月から千里中央駅で可動式ホーム柵の使用を開始し,現在門真市駅でも9月14日(土)までの予定で設置工事が進んでいる.今後は,2019(令和元)年度に7駅(大阪空港・蛍池・山田・万博記念公園・南茨木・門真市・彩都西),2020(令和2)年度から2022(令和4)年度にかけて,残りの10駅で設置を予定している.

写真:千里中央駅での可動式ホーム柵設置イメージ(大阪高速鉄道のニュースリリース)から