国土交通省,なにわ筋線の鉄道事業を認可へ

国土交通省,なにわ筋線の鉄道事業を認可へ

国土交通省は,なにわ筋線(北梅田—JR難波・南海新今宮間)の鉄道事業の許可申請について,2019(令和元)年7月10日(水)付けで許可し,同日,近畿運輸局長から申請者に対して許可状を交付すると発表した.
 なにわ筋線は,大阪都心部(難波,中之島,梅田)を南北に縦貫する都市鉄道として整備するもので,既存の鉄道路線(JR東海道本線 支線,南海本線)と接続させることで,関西国際空港と大阪都心(梅田)の直結や,新大阪と大阪南部地域とのアクセス性の改善,大阪の南北都市軸の強化(中之島,うめきたなどの拠点性向上),大阪北部地域と大阪南部地域の相互交流の促進など,近畿圏の社会経済発展に貢献することを目的としている.
 路線は,第3種鉄道事業者として関西高速鉄道が線路を敷設し,第2種鉄道事業者としてJR西日本と南海電気鉄道の2社が運行を行なう.整備区間は,北梅田—JR難波・新今宮の合計約7.2kmで,途中に中之島・西本町・新難波の3駅(いずれも仮称)を整備する.事業費は約3300億円で,2031(令和13)年度春の開業を目指す.

図は国土交通省のニュースリリースから