西武,「西武線アプリ」に「のるタップ」機能を追加

西武鉄道40000系

写真:西武鉄道40000系  編集部撮影  小手指車両基地にて  2017-2-13(取材協力:西武鉄道)

西武鉄道では,公式スマートフォンアプリ「西武線アプリ」において「のるタップ」機能の提供を開始したと発表した.

 これは,鉄道アプリでは初めて,乗車中または乗車予定の電車についてのさまざまな情報を提供するナビゲーション機能を搭載するもので,「走行ナビサービス」・「乗車シェアサービス」・「のるタップメモ」・「降車プッシュ通知」の4つの新機能を提供する.

西武,「西武線アプリ」に「のるタップ」機能を追加

 「走行ナビサービス」は,電車の現在地や降りる駅までの所要時間をアプリのホーム画面にわかりやすく表示するもの.「乗車シェアサービス」は,乗車電車の位置情報をSMS,メール,LINEで共有することが可能となるもので,待ち合わせなどにも利用できる.また,「のるタップメモ」は乗換検索の結果をメモとして記録することができるもので,検索結果を忘れたときに便利な機能.「降車プッシュ通知」は,乗車している電車が降車駅のひとつ前の駅を出た場合に,プッシュ通知で知らせるもので,乗り過ごし防止に役立つものとなっている.
 利用するには,「西武線アプリ」ホーム画面または「列車走行画面」で乗車する電車アイコンをタップし,「これにのる」をタップ後,降車駅を選択すると,「のるタップ」のサービスが開始される.利用にあたっては,個人情報などの登録は不要で,通信費以外の利用料などは一切かからない.

特記以外の写真は西武鉄道のニュースリリースから