秩父鉄道で12系による夜行団臨運転

秩父鉄道で12系による夜行団臨運転

秩父鉄道では,2019(令和元)年6月22日(土)から翌23日(日)にかけて,12系を使用した夜行団体臨時列車が運転されました.
 これは,秩父鉄道と日本旅行が企画した『あの時の感動をふたたび 重連電機・12系客車夜行急行の旅』にともなうもので,熊谷→羽生→熊谷→三峰口→熊谷の経路で運転されました.
 22時ごろに熊谷を出発した列車は羽生で20分ほど停車して折返し,熊谷に到着する前には日付は23日(日)に変わりました.熊谷で15分,寄居で5分停車して,三峰口には2時50分ごろに到着.折返し3時40分ごろに発車した列車は熊谷に5時30分ごろに到着しました.
 このうち熊谷—羽生間では,羽生方にデキ303,三峰口方にデキ507を連結したプッシュプルで,両機には異なるデザインの「急行三峰」のヘッドマークが掲出されました.熊谷—三峰口間はデキ303とデキ507の重連がけん引しました.

写真:石原—上熊谷間にて 2019-6-23
投稿:本多 主磨