JR西日本,特急“はるか”に271系を導入

JR西日本,特急“はるか”に271系を導入

JR西日本では,2020(令和2)年春から特急“はるか”(米原・京都—関西空港間)に271系を18両(3両編成×6本)導入すると発表した.

 車両デザインは,現在の281系を継承したものとし,おもに6両編成で運転している特急“はるか”の増結用として使用する.これにより1列車あたりの座席数は現在と比較して約1.5倍にすることが可能となる.

JR西日本,特急“はるか”に271系(車内)

 車内には,全座席にモバイル用コンセントを設置するほか,ディスプレイによる停車駅・運行情報などの多言語案内(4ヵ国語対応),大形スーツケースなどにも対応した荷物スペースを備える.また,防犯カメラを客室内・デッキ部に設置し,車内セキュリティの向上を図る.このほか,訪日外国人向けフリーWi-Fiサービスについても,現在の281系と同様に提供される.
 安全性・安定性向上のための追加対策として,オフセット衝突対策・衝撃吸収構造の採用などによる車体構造の強化や,EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)の採用,運転台計器類の二重系化などにより,安全性の向上を図る.

写真はいずれもJR西日本ニュースリリースから