DF200-206が運用を開始

DF200-206が運用を開始

JR貨物では,中部地区転属のため,川崎重工兵庫工場において,各種改造,仕様変更を実施し,出場した,愛知機関区所属のDF200-206が,2019(令和元)年6月中旬から,運用を開始しています.
 2019(令和元)年6月17日(月)には,同区DF200形所定仕業である,2083列車(コンテナ車)〜8380列車(石油製品輸送用タンク車)のけん引に充当され,稲沢—四日市間を1往復しました.写真は,8380列車をけん引し,稲沢へ向かう場面です.

写真:枇杷島—清洲間にて 2019-6-17
投稿:志摩 敬