京急デハ236の車体修繕が完了

京急デハ236の車体修繕が完了

京浜急行電鉄は,2017(平成29)年5月から修繕作業を行なってきたデハ236について,車体修繕が完了したことから,2019(令和元)年6月4日(火)に総合車両製作所において同車を報道陣に公開した.

 デハ236は,埼玉県川口市の青木町公園で展示されていたもので,2019(令和元)年秋に横浜市みなとみらい地区に建設予定の京急グループ本社の1階に保存・展示をすることを目的に,車体の修繕を総合車両製作所で,台車の修繕を京急ファインテック久里浜事業所において実施した.

京急デハ236の車体修繕が完了

 車体は,外板塗装のはく離,補修.塗装を行ない,車内は内装部品を修理し,乗務員室および床などは修繕を実施.かつて「関東の名車」と呼ばれたデハ230形の姿が美しく蘇っている.

写真:総合車両製作所にて 2019-6-4 編集部撮影(取材協力:京浜急行電鉄・総合車両製作所)

2019年6月4日掲載