別府ラクテンチのケーブルカー「犬のドリーム号」・「猫のメモリー号」の運転終了

別府ラクテンチのケーブルカー「犬のドリーム号」・「猫のメモリー号」の運転

大分県別府市にある遊園地「別府ラクテンチ」では,遊園地のメインゲートと遊園地を結ぶケーブルカーの「犬のドリーム号」・「猫のメモリー号」の運転が,2019(令和元)年6月3日(月)限りで終了となりました.
 現在の「犬のドリーム号」・「猫のメモリ号」は,前身となる「ワンダーラクテンチ」時代の2009(平成21)年から10年間運転を続けてきたもので,犬と猫の顔をイメージしたかわいいデザインで人気となっていました.
 今後,ケーブルカーは通常運転を続けながら,2020(令和2)年3月以降の完成を目指して,車両デザインのリニューアルが行なわれる予定です.

写真:雲泉寺(ラクテンチ下)にて(改札外から撮影) 2019-6-2
投稿:麻生 航太郎

2019年6月3日掲載