“釧路湿原ノロッコ”,川湯温泉まで延長運転される

access_time
2019年5月27日掲載
“釧路湿原ノロッコ”,川湯温泉まで延長運転される

JR北海道では,釧網本線釧路—塘路間で運転されている“釧路湿原ノロッコ”が2019(令和元)年6月に30周年を迎えることを記念し,2019(令和元)年5月25日(土),川湯温泉までの延長運転が行なわれました.
 上りの川湯温泉行き82号は,標茶での20分ほどの停車を利用し,地元名物の菓子などがふるまわれ,川湯温泉では同列車の到着に合わせ,地元小学生が中心となった演奏で出迎える演出も見られました.
 なお,“釧路湿原ノロッコ”は26日(日)にも運転される予定でしたが,26日は気温の上昇で,線路がゆがむ恐れがあるとし,運休となりました.

写真:美留和—川湯温泉間にて 2019-5-25
投稿:風間 諒平