団体臨時列車『ホビーのまち静岡トレイン』運転

access_time
2019年5月12日掲載
団体臨時列車『ホビーのまち静岡トレイン』運転

JR東海とJR東日本では,『静岡デスティネーションキャンペーン』と『第58回静岡ホビーショー』,『グランシップトレインフェスタ2019』にあわせて,2019(令和元)年5月11日(土)に団体臨時列車『ホビーのまち静岡トレイン』が運転されました.

 名古屋からは静岡車両区所属の373系F10編成を使用し,名古屋→静岡車両区間の片道が運転されました.途中,JR貨物西浜松駅構内の貨物線を走行したり,列車が直接静岡車両区に入区する珍しいシーンが見られました.373系の送込みは前日(10日)夜に静岡→大垣間,当日朝に大垣→名古屋間で行なわれ,回送運転時にも特製ヘッドマークが掲出されていました.
 なお,首都圏からは,高崎車両センター所属の485系「華」が使用された列車が,横浜—東静岡間を1往復しました.

写真:岐阜—木曽川間にて 2019-5-11
投稿:堀江 亮