北海道私鉄保存車両の話題

北海道私鉄保存車両の話題

写真:南大夕張駅跡にて 2019-5-4

北海道夕張市では,南大夕張駅跡の三菱大夕張鉄道の保存車両公開が,2019(令和元)年5月4日(土祝)から開始されました.

 同所では,1911(明治44)年汽車会社製造の日本最古の石炭貨車などが保存されていますが,2019(令和元)年の公開は11月10日(日)までの予定となっています.

北海道私鉄保存車両の話題

写真:東明駅跡にて 2019-5-5

 一方,美唄市東明駅跡には三菱美唄鉄道の4110形2号機が保存されていますが,2019(令和元)年度は5月5日(日祝)を初回とし,6月2日(日),7月7日(日),8月4日(日),9月1日(日),10月6日(日)の毎月第1日曜日の9時〜13時に駅舎内部も公開されます.

投稿:奥山 道紀

2019年5月7日掲載