養老鉄道で全線開通100周年系統板

access_time
2019年5月6日掲載
養老鉄道で全線開通100周年系統板

写真:友江—大外羽間にて 2019-5-4

養老鉄道では,2019(平成31)年4月27日(土)に全線開通100周年を迎えたことから,620系D21編成とD24編成に全線開通100周年の系統板を取り付けて運転しています.
 両編成で系統板のデザインが異なるほか,車体にステッカーも張られています.
 この系統板とステッカーの掲出は,2019年10月下旬までの予定です.

養老鉄道で全線開通100周年系統板

写真:揖斐—美濃本郷間にて 2019-5-5

 このほか,2019(令和元)年5月1日(水祝)から5月31日(金)まで,610系D12編成には新元号の「令和」の系統板が取り付けられています.前後とも同じ柄で「慶祝 令和」の文字と金色の鶴が描かれています.

投稿:中野 至理