東武鉄道で“春の花めぐり号”運転

東武鉄道で“春の花めぐり号”運転

東武鉄道では,2019(平成31)年4月27日(土)・29日(月祝)・30日(火休)の3日間,野田線(東武アーバンパークライン)柏から佐野線佐野まで直通する臨時列車“春の花めぐり号”が運転されました.

 全日とも,南栗橋車両管区七光台支所所属の60000系61617編成が使用され,両先頭車(クハ66617・クハ61617)にはオリジナルヘッドマークが掲出されました.
 往路は(七光台→)柏→春日部→館林→佐野(→葛生),復路は(葛生→)佐野→館林→東武動物公園(→春日部→七光台)の経路で運転され,佐野では,佐野ブランドキャラクター「さのまる」による往路列車のお出迎え(4月30日は雨のため雨合羽を着てのお出迎え)が行なわれました.※( )内の区間は回送

東武鉄道で“春の花めぐり号”運転

 佐野市の関係者によると,雨合羽を着た「さのまる」は,なかなかお目にかかることができないとのことで,往路列車到着後の撮影タイムでは,鉄道ファンのみならず「さのまる」ファンも大ぜい詰めかけ,愛くるしい姿にカメラを向けていました.

写真:(上)佐野市付近にて/(下)佐野にて 2019-4-30
投稿:大塚 真

2019年4月30日掲載