三岐鉄道,三岐線の801形1編成を「赤電」塗装に

三岐鉄道,三岐線の801形1編成を「赤電」塗装に

三岐鉄道では,2019(平成31)年4月下旬から,三岐線で運用している801形車両(3両1編成・もと西武701系)について,西武鉄道時代の塗装色(通称「赤電」)に復元すると発表した.
 これは,2021(令和3)年の三岐鉄道開業90周年プレイベント企画の一環として実施するもので,塗装変更は,現在運転している西武カラー(イエロー編成)に続き第2弾となる.
 今回の企画は,西武鉄道の理解のもとで実施され,運転開始後は通常ダイヤでの運転を予定している.

写真:三岐鉄道ニュースリリースから(写真提供:佐藤利生さん)

2019年4月6日掲載