樽見鉄道で「桜ダイヤ」開始

access_time
label
樽見鉄道で「桜ダイヤ」開始

樽見鉄道では,2019(平成31)年4月1日(月)から,毎年恒例の「桜ダイヤ」での運転が開始されました.
 これは,同鉄道終点の樽見駅が最寄りとなる,「薄墨桜」の開花時期に合わせ,花見客輸送のため実施される特別ダイヤであり,4月15日(月)まで実施される予定となっています.
 一部の車両には「うすずみ観桜号」の大形ヘッドマークが取り付けられ,また,ふだん,同鉄道では設定されていない快速列車が,桜ダイヤ期間中に限り設定されており,ハイモ295形で運転される場合は,助士側前面窓に「快速」表示板を設置,ハイモ330形で運転される場合は,LED式種別・行先表示器に「快速・ワンマン」の文字が表示されています.

写真:十九条—横屋間にて 2019-4-1
投稿:志摩 敬