阪急で臨時直通列車“さがの”運転

access_time
2019年3月31日掲載
阪急で臨時直通列車「さがの」運転

阪急電鉄では,2019(平成31)年3月30日(土)から,春の行楽シーズンにあわせた,梅田-嵐山間の臨時直通列車“さがの”が運転されています.
 今回は“さがの”のヘッドマークがリニューアルされ,渡月橋とサクラをイメージした,春らしいデザインになりました.昨年2018年は,梅田のほか神戸,宝塚,天下茶屋,河原町から嵐山への直通列車が運転されていましたが,今回は梅田—嵐山間のみで,3往復設定されています.
 “さがの”に使用される車両は,午前中に梅田から嵐山まで快速特急として運転され,日中は嵐山—桂間の嵐山線内折返し列車として運転,夕方に再び快速特急として梅田まで運転されています.  この臨時直通列車は,4月7日までの土曜・日曜と4月27日(土)から5月5日(日)までのゴールデンウィーク期間中に運転される予定です.

写真:嵐山—松尾大社間にて 2019-3-30
投稿:大道 康徳