キハ185系が特急“いしづち”7号・8号を代走

access_time
2019年3月24日掲載
キハ185系が特急“いしづち”7号・8号を代走

JR四国では,春休み最初の土曜日となった,2019(平成31)年3月23日(土),特急“いしづち”7号・8号を,高松運転所所属のキハ185系2両(多度津方からキハ185-24+キハ185-9,両車とも通称・剣山色)が,高松—宇多津・多度津間で代走運転しました.
 これは,長期休暇時など多客期に,特急“しおかぜ”と,特急“いしづち”の,宇多津および,多度津における分割・併合作業を取りやめ,全車両を特急“しおかぜ”として運転するための措置であり,特急“いしづち”7号・8号は,高松—宇多津・多度津間のみの運転となりました.
 写真は,“いしづち”7号として多度津到着後,留置されている様子です.

写真:多度津にて 2019-3-23
投稿:志摩 敬