銚子電鉄3000形が検査を終え本線運用に復帰

access_time
2019年3月23日掲載
銚子電鉄3000形が検査を終え本線運用に復帰

銚子電気鉄道では,2019(平成31)年1月5日(土)から,重要部検査のため,仲ノ町車庫に入場していた3000形デハ3001+クハ3501が,無事に検査を終えて出場し,3月22日(金)の夕方運用から本線運用に復帰しました.
 今回の入場では,両車両とも運転台側の連結器が変更され,電連付きの密着連結器から,密着自動連結器となりました.

写真:西海鹿島—海鹿島間にて 2019-3-22
投稿:豊嶋 達也