長崎電気軌道で701号車のさよなら運転

長崎電気軌道で701号車のさよなら運転

長崎電気軌道では,2019(平成31)年3月16日(土)に,700形701号車のさよなら運転が実施されました.3号系統(浦上車庫—蛍茶屋),2号系統(蛍茶屋—浦上車庫)で午前,午後の各1往復,計4便が運転され,参加者には記念品の701号のスタンプ入り長崎電気軌道事務用便せんが配られました.車両前後には特製ヘッドマークが掲げられ,前面の表示器は「貸切」表示でした.
 700形は,もと東京都交通局2000形で,1969(昭和44)年に6両が長崎電気軌道に譲渡されたもので,701号車はもと2018号車で,1985(昭和60)年に長崎電気軌道開業70周年記念として都電時代の塗装となり,ほかの5両が廃車となったあとも動態保存車として残っていました.

写真:浦上車庫にて 2019-3-16
投稿:陣野 大誠

2019年3月17日掲載