東京メトロ×サントリー
01系をモチーフとした自動販売機を溜池山王に設置

東京メトロ×サントリー,01系をモチーフとした自動販売機を溜池山王に設置

東京地下鉄とサントリーでは,引退した銀座線01系をモチーフとした自動販売機「THE VENDING TRAIN」を,2019(平成31)年2月22日(金)から,銀座線溜池山王駅の11番・12番出口中央付近に設置したと発表した.

190222_tmetro_01vendingm_map.gif

 「東京で働く人々」を支える東京メトロと,「働く人の相棒」サントリーコーヒー「BOSS」は,「働くって、いいもんだ。」というコンセプトのもと,働く人たちを応援するさまざまなコラボ企画を展開している.

東京メトロ×サントリー,01系をモチーフとした自動販売機を溜池山王に設置

写真:CM動画から

 自動販売機は,昭和・平成の33年間,東京の地下を走り続けた銀座線01系をベースに,特殊仕様のラッピングを施した.01系の先頭車両をイメージしたインパクトのある外観のほか,一部に実際の01系で使用された部品を活用している.商品購入時には,車両を模した疑似フロントライトが点灯し,もと車両ならではの特別な仕掛けとして,「おつりの取り忘れに、ご注意ください。」など,東京メトロ現役車掌の声で5パターンのフレーズをしゃべる「ボイス機能」を搭載した.

東京メトロ×サントリー,01系をモチーフとした自動販売機を溜池山王に設置

写真:CM動画から

 また,自動販売機設置にあわせたスペシャル動画として,「働くって、いいもんだ。THE VENDING TRAIN」を,東京メトロ特設サイトや同社駅構内や車内ビジョンで公開を開始した.
 スペシャル動画は,昭和,平成と2つの時代を走り続けた01系が退職し,自動販売機として再就職するまでの過程を,ドキュメントタッチで描いた.今回の動画の主人公は「車両」というモノだが,退職や再就職は,働き続ける中で誰もが経験する人生のワンシーンであり,東京メトロの車掌たちにとっては「仲間」同然ということで,元同僚の車掌たちがエールを送る物語を通じて,東京メトロとサントリーコーヒー「BOSS」の「働き続けるあなたに。おつかれさまです。」というメッセージを訴求している.

東京メトロ×サントリー,01系をモチーフとした自動販売機を溜池山王に設置

写真:CM動画から

 WEB動画は,東京メトロ特設WEBサイトや,YouTube 同社公式チャンネルのほか,駅構内,車内のビジョンで放映されている.

写真はいずれも東京メトロ提供