209系C510編成が秋田総合車両センターへ

209系C510編成が秋田総合車両センターへ

JR東日本では,三鷹車両センターに所属し,中央総武緩行線で使用されてきた209系500番台C510編成が,2019(平成31)年2月19日(火)から翌20日(水)にかけて,豊田から土崎まで配給輸送され,土崎到着後に秋田総合車両センターへ入場しました.
 けん引機は,豊田から高崎までは長岡車両センター所属のEF64 1032,高崎から土崎までは同所に所属するEF81 141でした.C510編成は今後,武蔵野線への転用改造が施されるものと思われます.
 なお,当編成の離脱により,現在,中央総武緩行線で運用されている209系はC511編成のみとなりました.

写真:大宮にて 2019-2-19
投稿:及川 裕大

2019年2月20日掲載