名鉄で『国府宮はだか祭り』にともなう増結

access_time
2019年2月18日掲載
名鉄で『国府宮はだか祭り』にともなう増結

2019(平成31)年2月17日(日),愛知県稲沢市で『国府宮はだか祭り』が開催されました.
 名古屋鉄道では,これにあわせて,輸送力増強を目的とした列車の増結が行なわれました.
 去就が注目されている唯一の旧塗色である1851編成と1131編成がペアを組んだ8連(写真)も運用され,沿線各所では多くの鉄道ファンがその勇姿を記録しました.

写真:東枇杷島—西枇杷島間にて 2019-2-17
投稿:舟橋 博幸