養老鉄道で「枡酒列車」運転

access_time
2019年2月17日掲載
養老鉄道で「枡酒列車」運転

養老鉄道では,全線開通100周年イベントとして,2019(平成31)年2月11日(月祝)と16日(土)に大垣市にある木枡メーカーとタイアップした「枡酒列車」が大垣—桑名間で運転されました.
 11日は桑名→大垣間,16日は大垣→桑名間で運転され,両日とも定期列車の1両を貸し切る形で運転されました.
 16日は611編成が充当され,特殊系統板が掲出されました.
 参加者は今回のために用意された特製木枡を使用して,大垣市内の蔵元が醸造する日本酒と枡酒列車オリジナル弁当を味わっていました.

写真:大外羽—烏江間にて 2019-2-16
投稿:宇佐美 昭展