阪急,2月2日から十三駅4号線の可動式ホーム柵の稼働を開始

access_time
2019年1月30日掲載
阪急,2月2日から十三駅4号線の可動式ホーム柵の稼働を開始

阪急電鉄では,十三駅4号線(宝塚本線 梅田方面ゆき)の可動式ホーム柵について,2019(平成31)年2月2日(土)の始発列車から稼働を開始すると発表した.
 今回導入される可動式ホーム柵は腰高タイプで,高さ約1.3m (固定部分),開口部約3.2m,柵延長約200mとなる.
 十三駅では引き続き,2018年度中の使用開始を目指し,5号線(京都本線 河原町方面行き)の可動式ホーム柵について設置工事を進める.

写真提供:阪急電鉄