秩父鉄道,2月に“SLパレオエクスプレス”で「蒸電運転」を実施

SLパレオエクスプレス冬季運転イメージ

“SLパレオエクスプレス”冬季運転のイメージ

秩父鉄道は,C58 363がけん引する“SLパレオエクスプレス”の冬季特別運転のなかで,蒸気機関車と電気機関車による「蒸電運転」を実施すると発表した.

蒸電運転のイメージ(2011年7月運転時)

蒸電運転のイメージ(2011年7月運転時)

 冬季特別運転は,2月3日(日)から3月3日(日)までの土休日10日間に行なわれるもので,このうち「蒸電運転」が実施されるのは,2月11日(月祝)の『SLバレンタインエクスプレス』と,2月16日(土)の『SL長瀞宝登山ロウバイエクスプレス』.『SLバレンタインエクスプレス』では,チョコレートをイメージして,茶色の電気機関車デキ505が,『SL長瀞宝登山ロウバイエクスプレス』では,ロウバイをイメージして,黄色の電気機関車デキ502が,それぞれC58 363の次位に連結される.いずれの列車も,特別ヘッドマークが掲出される.
 このほか,2月23日(土)の『SLパレオdeフレンチランチ~ナチュラルファームシティ農園ホテル~』,3月2日(土)の『SL秩父の酒造大集合号』,3月3日(日)の『SLひなまつりエクスプレス』においても特別ヘッドマークが掲出される.
 各列車とも車内でプレゼントなどの企画が実施される予定で,SL整理券は運転日の1ヵ月前の9時から前日の15時までWEBサイト(http://www.chichibu-railway.co.jp/slreservation/)で予約を受け付けている.

写真はいずれも秩父鉄道提供

2019年1月22日掲載