新田原駅の駅名標のローマ字が訂正される

新田原駅の駅名標のローマ字が訂正される

日豊本線新田原(しんでんばる)駅の駅名標のローマ字は,2018年2月時点では「SHINDENBARU」と誤った表記になっていましたが,同年12月までに2番目のNをMに変更した,「SHINDEMBARU」に訂正されました.ローマ字部分のみ上からステッカーを貼り付けてあり,元の表記が透けて見えます.隣の南行橋駅の駅名標も同様の処理がされています.
 ヘボン式ローマ字では発音の都合,B・M・Pの前の「ん」はM,それ以外の「ん」はNで表します.国有鉄道では明治30年代にはその区別をせずNで統一していたようですが,大正時代までに使い分けが始まり,新橋=SHIMBASHIといった表記がされるようになりました.JR各社も受け継いでいます.
 NとMの使い分けの誤りは国鉄時代から良く起きているのですが,読む分には支障が無いので,あまり話題になることがありません.

写真:新田原にて 2018-12-21
投稿:高見 彰彦

2019年1月18日掲載