名古屋鉄道3300系が甲種輸送される

名古屋鉄道3300系が甲種輸送される

日本車両豊川製作所で製造された,名古屋鉄道3300系4両編成×2本(3314編成,3315編成)の甲種輸送が,2019(平成31)年1月8日(火)から9日(水)にかけて,豊川—笠寺—大江間で行なわれました.
 豊川—笠寺間はJR貨物愛知機関区所属のDE10 1723がけん引しました.また,同編成の側面窓部には,車内から,輸送票と共に「日本車両 平成31年初甲種輸送」と書かれた紙も張られていました.

写真:豊川—三河一宮間にて 2019-1-8
投稿:宮下 幸市

2019年1月9日掲載