新京成,高校生がデザインした干支のヘッドマーク電車を運転

新京成,高校生がデザインした干支のヘッドマーク電車を運転

津田沼方先頭車と藤木さん

新京成,高校生がデザインした干支のヘッドマーク電車を運転

松戸方先頭車と南さん

新京成電鉄では,2019(平成31)年1月1日(火祝)から15日(火)までの間,高校生がデザインした干支のヘッドマーク電車を運転すると発表した.
 同社では毎年干支のヘッドマーク電車を運転しているが,今回は初の試みとして,沿線の千葉県立船橋二和高等学校とタイアップし,同校美術部1学年の藤木月菜さんと南咲花さんが担当.藤木さんは華やかで正月らしさのある「かっこいい」イノシシを,南さんは新京成電車や制帽などを忠実に再現した「かわいい」イノシシをそれぞれデザインし,スケッチから描画まで1ヵ月以上かけて制作した.
 ヘッドマークは期間中,8800形(1編成)の両先頭車両に掲出(津田沼方先頭車が藤木さんデザイン,松戸方先頭車が南さんデザイン)し,松戸—京成津田沼間(日中時間帯は京成千葉線千葉中央まで直通運転あり)で運転される.

写真はいずれも新京成電鉄提供

2018年12月26日掲載