あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道,3月16日にダイヤ改正を実施

あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道では,2019(平成31)年3月16日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 あいの風とやま鉄道では,朝の通勤・通学時間帯の混雑緩和を図るため,行先を見直す.これにより朝の泊に到着する列車の運転間隔が約60分間隔に改善される.また,夕方の通勤・通学時間帯の利便性向上のため,泊発富山行き1本を高岡行きに変更する.これにより,19時台の富山→高岡間で各駅停車の運転間隔を改善する.
 富山では,同鉄道下りホームの高架化が完成し,ダイヤ改正にあわせて高山本線との接続を見直すほか,発車の順番の見直しや北陸新幹線からの接続を改善する.
 高岡発富山行き(565M)の高岡発車時刻を40分繰り上げることで,高岡→富山の運転本数が,21時台2本,22時台2本となる.あわせて,同駅での城端線や氷見線との乗換えや接続の向上を図る.
 また混雑が予想される大形連休や休日などに一部列車の増車を実施する.さらに,富山—泊間では,利用状況にあわせて,ワンマン運転を新たに2本で実施する.
 IRいしかわ鉄道では,夕方の通学時間帯の混雑を緩和するため,16時台の列車1本の時刻を見直す.また,土休日に運転している“IRホリデー号”の運転日を見直し,旧盆,年末年始など多客時期に“IRおでかけ号”として運転することで,金沢方面への利便性を向上する.

2018年12月15日掲載