JR九州で駅ナンバリングに対応した駅名標の設置が始まる

access_time
2018年12月11日掲載
JR九州で駅ナンバリングに対応した駅名標の設置が始まる

JR九州では,2018(平成30)年9月30日(日)から,福岡・北九州エリアの157駅(2019年春開業予定の糸島高校前を含む)に駅ナンバリングが導入されました.

JR九州で駅ナンバリングに対応した駅名標の設置が始まる

11月下旬から鹿児島本線(博多以北,路線記号JA)で駅ナンバリング対応の駅名標が設置されています.駅ナンバリング導入にあわせて,従来の横形の駅名標の更新に加えて,これまでJR九州では見られなかった縦形の駅名標も設置されました.12月10日(月)現在,鹿児島本線の吉塚—小森江間の大半の駅で,駅ナンバリング対応の駅名標が設置されています.今後,対象駅では,順次駅名標の更新が進むものと思われます.

写真:陣原にて 2018-12-10
投稿:中山 皓晴