新幹線車内で無料公衆無線LANを活用したコンテンツ配信サービスの実証実験

新幹線車内で無料公衆無線LANを活用したコンテンツ配信サービスの実証実験

JR東日本では,2019(平成31)年1月21日(月)から3月28日(木)までの間,新幹線車内で無料公衆無線LANを活用したコンテンツ配信サービス「noricon(ノリコン)」の実証実験を実施すると発表した.
 これは,同社の無料公衆無線LANサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」を使用して,コミック・ガイドブック・絵本(約170冊),クーポン(約70施設),雑誌(約1200冊),動画(約30本)などのさまざまなコンテンツを配信するサービスで,無料かつ会員登録不要で使用できる(ただし,「JR-EAST FREE Wi-Fi」の利用にはメールアドレスの登録が必要).
 サービスは,スマートフォンなどで「JR-EAST FREE Wi-Fi」に接続したのち,「インターネットに接続されました」という表示画面で「noricon」のバナーをタップするか,新幹線のシートポケット内のリーフレットに印刷されているQRコードを読み取ることで利用できる.
 利用区間は,東北・北海道新幹線(東京—新函館北斗間),秋田新幹線(東京—秋田間),上越新幹線(東京—新潟間),北陸新幹線(東京—金沢間)で,携帯電話の電波を使用したサービスとなるため,一部トンネル内や山間部では利用できない場合がある.
 また,対象車両は,E5系・E6系・E7系のうち,「JR-EAST FREE Wi-Fi」を提供している車両で,利用が可能な車両には,車内にステッカーが掲出されている.
 今後は,今回の実証実験の結果をもとに,サービスの提供を検討していく.