京急大師線,3月3日から東門前—小島新田間を地下化

京急大師線,3月3日から東門前—小島新田間を地下化

京浜急行電鉄では,大師線東門前—小島新田間(上下線約980m)の地下化切替工事を,2019(平成31)年3月2日(土)の営業運転終了後に実施すると発表した.
 これは,川崎市の都市計画事業として2006(平成18)年から着手している「川崎都市計画都市高速鉄道京浜急行大師線連続立体交差事業」の進ちょくにともない実施されるもので,今回の切替工事により,産業道路駅の上下線ホームが地下化されるとともに,産業道路第1踏切道を含む3ヵ所の踏切が廃止される.
 また,切替工事にあわせて,3月3日(日)の始発から10時ごろまで,大師線全線の列車を運休し,バス代行輸送を実施する(バス代行輸送の詳細は,2月上旬に案内される).
 切替工事終了後は,駅舎工事や地上の整備工事など,引き続き事業を進める.なお,地下化切替に先立ち,1月26日(土)・27日(日)の2日間,「地下トンネル開通イベント」(要事前応募,抽選制)が開催される.

写真:京浜急行電鉄のニュースリリースから

2018年12月3日掲載