京王,元日に京王ライナー“迎光号”を運転

京王電鉄5000系

京王電鉄では,2018(平成30)年12月31日(月)から2019(平成31)年1月1日(火祝)にかけて,京王線(新線,相模原線,高尾線を含む)と井の頭線において終夜運転を実施すると発表した.
 京王線では,各駅停車を新宿—高尾山口間,新線・新宿—笹塚間,調布—橋本間,北野—京王八王子間をおおむね40分間隔で,また,井の頭線渋谷—吉祥寺間では,おおむね20~30分間隔でそれぞれ運転する.
 また,毎年運転されている“迎光号”(新宿発高尾山口行き)については,5000系を初めて使用し,有料座席指定列車 京王ライナー“迎光号”として,2本運転する.京王ライナー“迎光号”はヘッドマーク付きで,新宿出発後の最初の停車駅を府中とし,それ以降は,分倍河原,聖蹟桜ヶ丘,高幡不動,北野,めじろ台,高尾,高尾山口と停車する.座席は全席指定制(座席指定料金400円)のクロスシート仕様で,府中以降の利用客は座席指定料金不要で乗車できる.
 さらに,新宿発高尾山口行きの急行列車5本と都営新宿線本八幡発高尾山口行きの急行列車1本を運転する.
 なお,12月30日(日)から1月3日(木)までの列車ダイヤについては,土休日ダイヤで運転する.

写真:京王電鉄5000系  編集部撮影  若葉台検車区にて  2017-7-19(取材協力:京王電鉄)

※写真はイメージです.