鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR九州,12月1日から若松駅にジャズによる放送案内を導入

JR九州BEC819系

JR九州では,2018(平成30)年12月1日(土)の始発から,筑豊本線(若松線)若松駅の自動放送にジャズのメロディを導入すると発表した.
 若松駅が所在する北九州市若松区には,大正から昭和初期に上海などから流入してきた「ジャズ」に触れた若者がジャズバンドを結成したという歴史があり,現在同区では,「九州ジャズ発祥のまち若松」としてまちづくりを進めている.
 メロディは,列車接近時の予告音として約20秒間流れるほか,列車到着後にも約100秒間流れる.なお,それ以外の時間(9時〜17時)は,BGMとしてメロディを流す.
 さらに今回のメロディ導入にあわせて,駅コンコースに若松区にジャズの音楽文化が栄えた背景などを紹介する「若松ジャズの歴史」のパネルを設置する.また,ホーム駅名標には,若松区のイメージキャラクターである「わかっぱ」のイラストを掲載する.

写真:JR九州BEC819系  編集部撮影  直方車両センターにて  2016-8-24(取材協力:JR九州)

※写真はイメージです.

このページを
シェアする