近鉄「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」企画を実施

幸せを運ぶ吊り革(イメージ)

幸せを運ぶ吊り革(イメージ)

窓シール(イメージ)

窓シール(イメージ)

近畿日本鉄道では,2018(平成30)年12月1日(土)から2019(平成31)年3月14日(木)までの間,「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」企画を実施します.
 これは,沿線の8社寺(安倍文殊院,金峯山寺吉野脳天大神,西大寺,信貴山朝護孫子寺,総本山長谷寺,達磨寺,東寺,道明寺天満宮)の協力を得て,特殊な吊り革を設置した列車をおもに大阪府・奈良県・京都府の路線を中心に運転するものです.
 今回は,合格祈願吊り革,恋愛成就吊り革,金運招福吊り革の3種類に加え,開運招福吊り革を設置します.さらに合格祈願として,吊り革に「桜咲く」桜模様のデザインを施した吊り革も設置されます.

■合格祈願企画について
内容 沿線の7社寺(安倍文殊院,金峯山寺吉野脳天大神,西大寺,信貴山朝護孫子寺,達磨寺,東寺,道明寺天満宮)の名称を記載した五角形・桜模様の吊り革を設置します.
設置本数 77本
※「77」という数字は,ダブルラッキーセブンであり,がんばる受験生にラッキーが訪れるようにという願いを込めています.
■恋愛成就企画について
内容 総本山長谷寺の名称を記載したハート型の吊り革を設置します.
設置本数 3本
※「3」という数字は割り切れない数字であるため,ふたりの関係が切れないように,また,恋愛が成就し,ふたりが2人3脚で歩むことができるようにという願いを込めています.
■金運招福企画について
内容 信貴山朝護孫子寺の名称を記載したゴールドの輪の吊り革を設置します.
設置本数 1本
※「1」は,千載一遇(千年に一度しかめぐりあえないほどまれな機会)にちなんでおり,千両以上ある車両の中でたった1両にしか設置されていない吊り革をつかんで,千載一遇のチャンスをつかめるようにという願いを込めています.
■開運招福企画について
内容 東寺の名称を記載した,木製のクローバー型吊り革を設置します.
設置本数 4本
※「4」は,開運招福が本企画で4番目に登場するご利益であり,また,幸運を呼ぶと言われている四つ葉のクローバーにちなみ,吊り革をつかんで,福が訪れるようにとの願いを込めています.
運行線区 難波線,奈良線,京都線,橿原線,天理線,生駒線,大阪線,信貴線,南大阪線,吉野線,長野線
※車両運用の都合上,山田線,鳥羽線を運転する場合があります.
※合格祈願吊り革は,田原本線,御所線,道明寺線を運転する場合があります.
※金運招福吊り革は,定期的に設置場所を変更し,上記線区を運転します.
そのほか 車両の外からも吊り革の設置場所がわかるように,設置車両の窓には目印として,シールが貼付されます.
ご案内 「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」企画ほかについて(近畿日本鉄道ニュースリリース・PDFファイル)