JR四国,2700系特急形気動車を導入

JR四国,2700系特急形気動車を導入

JR四国では,予讃線・土讃線・高徳線で使用している2000系特急形気動車の老朽取替のため,2700系特急形気動車を導入すると発表した.

 2700系は,先に導入された2600系を踏襲し,日本の伝統意匠をアレンジした「Neo Japonisme(ネオジャポニスム)」をコンセプトとし,安らぎと先進性をあわせ持たせた特急車両となる.また,カラーリングには,特急列車が結ぶ香川—徳島・高知の地域性の表現を盛り込んだ.エクステリアデザインは,四国の豊かな自然に映えるディープレッドの車両とし,筆の流れに見立てた真紅の流線,「赤」から「金」への色彩のにじみ,「赤」と「緑」の残像配色で,“速さ”というエネルギーの軌跡を表現した.徳島「阿波おどり」,高知「よさこい」の“情熱”を,ほとばしる「ディープレッド」の熱量として表現し,「オリーブ」をモチーフに香川をイメージした「グリーン」のラインと対比した.

JR四国,2700系特急形気動車を導入

 客室は,デッキの扉面やシートモケットに伝統文様をアレンジしたデザインとし,徳島が育んだ「ジャパンブルー」と,高知から望む太平洋の「オーシャンブルー」を採用する.シートは,背もたれと連動して座面が前方にスライドするリクライニング機構とし,コンセント・ドリンクホルダー・コートフックなども設置する.また,モバイルパソコンなどの利用を考慮し,テーブルの大形化を図る.車内設備も,バリアフリー整備ガイドラインに考慮し,車いす対応多機能トイレを設置する.客室照明には,2600系と同タイプのLED照明を採用し,車内に非常通報装置(SOSボタン),防犯カメラも設置する.
 2700系の最高速度は130km/hで,今回は2連(Mc+Mc')2本が製造される.

写真はいずれもJR四国のニュースリリースから

2018年11月26日掲載