×

臨時快速“モーニングトレイン一宮”,稲沢線経由で運転

access_time
2018年11月12日掲載
臨時快速“モーニングトレイン一宮”,稲沢線経由で運転

JR東海では,2018(平成30)年11月11日(日),臨時快速“モーニングトレイン一宮”が名古屋→尾張一宮間で,通称稲沢線経由で運転されました.
 これは『愛知デスティネーションキャンペーン』にあわせて運転されたもので,「名古屋おもてなし武将隊」ラッピングの神領車両区所属313系8000番台B201編成が使用され,前後にシール式ヘッドマークが掲出されました.列車は途中,稲沢線清州駅の退避線で24分停車するなど,ふだんは客扱いをしない貨物線での珍しい運転となりました.

写真:清洲付近にて 2018-11-11
投稿:井上 英樹