筑豊電鉄,「2000形2パターン同時塗装電車」を運転へ

筑豊電鉄,「2000形2パターン同時塗装電車」を運転へ

筑豊電気鉄道は,2000形(2003号車)1編成に,開業時塗装「西鉄マルーン&ベージュ」と初代2000形塗装「黄電(きなでん)」の2パターンを施して,2018(平成30)年11月12日(月)から運転すると発表した.

筑豊電鉄,「2000形2パターン同時塗装電車」を運転へ

 今回の復刻は,2003号車のA車正面と下り線側面に「西鉄マルーン&ベージュ」 塗装を,B車正面と上り線側面に「黄電」塗装を実施するもの.
 「西鉄マルーン&ベージュ」塗装は,1956(昭和31)年の同社の開業当時のものであり,「黄電」塗装は,1975(昭和50)年に西鉄福岡市内線と西鉄北九州線の2両連節車を購入後,3両連節車に改造し,1977(昭和52)年に2000形として運転を開始した際の塗装である.その後,2007(平成19)年から7編成あった2000形と虹の7色をかけて,「トレインボー電車(トレイン+レインボー)」として塗装を順次変更が実施され,2009(平成21)年に「黄電」塗装は姿を消していた.
 なお,11月12日(月)からの運転時刻表は,筑豊電気鉄道ニュースリリース(PDFファイル)に掲載されているほか,11月17日(土)・18日(日)開催の「ちくてつ電車まつり2018」でも運転する.

掲載