小田急70000形「GSE」が2018年度「グッドデザイン金賞」を受賞

小田急70000形「GSE」

小田急電鉄は,2018年度「グッドデザイン賞」において,「グッドデザイン・ベスト100」を受賞していた小田急70000形「GSE」が,「グッドデザイン・ベスト100」受賞対象の中から,審査委員会が今年度もっとも優れていると評価したデザインに贈られる「グッドデザイン金賞」を受賞したと発表した.
 「グッドデザイン金賞」受賞にあたっては,流線形をカットした大胆なフロントデザイン,2座席1セットのシートデザイン,展望車に おける荷棚の撤去やピラー周りの調整による正面視野の拡張など,さまざまな細やかな工夫を通じて,車内の快適性や眺望と開放性など「旅」のワクワク感が生み出される高質な仕上がりである点などが高く評価され,受賞に至った.
 なお,今回のグッドデザイン金賞受賞を記念して,2018(平成30)年11月10日(土)・11日(日)の2日間,特急ロマンスカー車内で「GSE弁当」を購入された方(各日先着200名)を対象に,「特製ジグソーパズル(25ピース)」がプレゼントされるキャンペーンを実施する.さらに,特急ロマンスカー「GSE」にグッドデザイン金賞を受賞した記念マークを掲出して運転する予定(掲出開始日は未定).

写真:小田急70000形「GSE」  編集部撮影  大野総合車両所にて  2017-12-5(取材協力:小田急電鉄)